シロアリ駆除・防除で官公庁・国宝・重要文化財から一般家屋まで数々の実績を誇る害虫防除企業。

シロアリの生態

普段からの定期点検が、シロアリの早期発見につながります。

羽アリが飛び立つシーズンは、4月~10月。

この時期に住まいの周辺で羽アリを見つけたら、すでにシロアリの被害を受けている可能性が高いと判断しなければなりません。羽アリの目的は新しい巣を作る事。

外からの飛来は、我が家が巣作りの対象として危険にさらされている事を意味します。

シロアリの被害は、土台・柱・桁・梁の接合部など、建物の構造上極めて重要な箇所で発生しやすいことから、どうしても大掛かりな修理が必要となり、多額の出費を伴うことになりかねません。

シロアリの生態を知り、発生時期を知り、普段から点検を怠らないことが被害を避ける唯一の方法です。

シロアリとアリの違い

シロアリの主食は木。

アリは雑食で、家の中に入ったりする種類もありますが、木は食べません。

シロアリの羽アリ

シロアリの羽アリ
羽の大きさ・形が4枚とも同じ。
胴体はずんどう。

アリの羽アリ

アリの羽アリ
前羽が大きく、後ろ羽が小さい。
くびれた胴体。

ヤマトシロアリの一生

ヤマトシロアリの一生

※建物に入って木材を食べるのは、ヤマトシロアリ・イエシロアリ・アメリカカンザイシロアリ等です。

ヤマトシロアリ
寒冷地を除き、ほぼ日本中にいる普通種。被害の多くはこのシロアリによる。土の中・湿った木材の中など、多湿な場所を好み、被害は床下に多い。巣内の個体数は2~3万匹。
イエシロアリ
本州千葉以西の太平洋から瀬戸内海にかけての沿岸地域、四国、九州、沖縄に分布する。被害は建物全体におよび、極めて激しい被害を出す危険種。 地中などに巨大な巣-メガロポリス-を造る。巣内の個体数は百万匹に達する。
アメリカカンザイシロアリ
アメリカ産の侵入種。これまでに、千葉、東京、神奈川、大阪、兵庫、和歌山、広島、鹿児島の各都府県の一部で発見され、今後も新たな発見が予想されている要注意種。土の中には住まず、乾いた木材を加害し、被害は建物全体におよぶ。巣内の個体数は2千~3千匹と少ないが、体長はヤマトシロアリの2倍ほどあり激しい被害が出る。

株式会社 今村化学工業白蟻研究所

本社
〒651-2124 神戸市西区伊川谷町潤和858-1
FreeCall.0120-643-461 TEL.078-975-0088 FAX.078-975-0240
支店・営業所
神戸 神戸東 大阪 京都 堺